おすすめサイト最新情報

---スポンサードリンク---

アナログ系が増えるも基本は今まで通りの稼動状況…?

天龍 下段2個

今年も半分が過ぎて店周りがだるく感じられる夏がやってきましたが、
最近の稼動状況としては去年よりは良くなった感がありますね。

というのもやはり高期待値が見込めるアナログ機が大体の店に入っているので
新装や良調整の据え置き狙いなどで活躍しています。

導入当初はほとんど稼動していなかった天龍は今では十分収支に貢献してますし、
ネカセ次第で爆裂仕様になるライジンマンも発見して途中から打てたりしました。

今日もカツ丼は導入当初以来ほとんど釘が開かなかったんですが、
やはり役モノが甘かったのもあって何回か打てましたね。

犬夜叉や綱取物語やこれから出るダイナマイトキングin沖縄などは
デジパチとほぼ同じ釘で、ボーダーもそこまで甘くはならないんで
あまり狙えそうではないですが、やはりクセによって甘くなったりするので
注目はしていきたいところです。

ただアナログ機で終日打てるような調整に座ることが楽しさ的にも収支的にも一番良いのですが、なかなか難しいので基本は今まで通りの立ち回りです。

「アナログ系が増えるも基本は今まで通りの稼動状況…?」の続きを読む…

CR今日もカツ丼 ボーダー激甘の一発台は新台当初が狙い目!?

CR今日もカツ丼

豊丸から6/18~導入のパチンコ新台
CR今日もカツ丼スペック、ボーダーライン、ゲーム性、打ち方
などをまとめました。

天下一閃、天龍∞、ライジンマンとアナログ系の一発台が段々と、
着実に受け入れられていっている中で、
今回の今日もカツ丼を始め、綱取物語や天下一閃7000、クルーン版カイジなど、
また続々と登場してくるようです。

今日もカツ丼はそのインパクトのある名前の通り、
1度大当たりすれば約4130個得られるという天下一閃に似たスペックでありながら、
役モノ確率は天下一閃よりもさらに甘くなっているので、
役モノ飛び込みボーダーはかなり低くなっています。

そして納品ゲージが激甘仕様だったためか、
新台初日はお宝調整の店が続出していました…!

以下でスペックなどをみていきます。 「CR今日もカツ丼 ボーダー激甘の一発台は新台当初が狙い目!?」の続きを読む…

ミリオンゴッドディセント 潜伏狙い対策がされていて難しい印象… 

ミリオンゴッドディセントが導入されて約1か月経ちましたが、
やはりこの機種の潜伏は注目度が高いですね。

スペックからすれば初回のみとはいえ約40%が1/82で潜伏するので、
さすがに拾いやすいかなと思ってましたがなかなか難しいです…。

ミリオンアーサーのようにしばらくはこの台メインでやれるかと思ったのですが、
メーカーや店が予想以上に潜伏狙いの対策をしていて、
そのうえライバルも多いということで厳しいですね(ーー;)

ただライバルが少なく、客層や店の対策が緩い店なら
ガッツリやらなくてもそこそこ稼げそうな気はします^^

以下で思ったことや今後の狙い方などを書いていきます。
(結構前に書いた記事なので今とちょっと違う所もあり付け加えています)

「ミリオンゴッドディセント 潜伏狙い対策がされていて難しい印象… 」の続きを読む…

CR RAIZINMAN(ライジンマン) ボーダーは役モノ次第の一発台

CR RIZINMAN

A-gonから5/7~導入のパチンコ新台
CR RAIZINMANスペック、ボーダーライン、ゲーム性、打ち方
などについてまとめました。

A-gonは去年GoGoピラミッドという一発台を出してますが、
それとは対照的に今回のライジンマンは3段クルーン役物に一気に玉を流し込み、
1玉でもVに入れば大当たりという画的にかなりインパクトのあるゲーム性です。

スペックは大当たり出玉が2000発タイプと1200発タイプの2種類ありますが、
実際に導入されるのはほぼ2000発タイプで、
突入率51%の雷神チャンスを引けば時短3回+保留2回の計5回
クルーンに約7個の玉を流し込むチャンスが得られるので、
役モノのクセ(ネカセ)次第では2000発が大連チャンするのも十分ありえそうですね…!

ただ当たり穴が全部奥なのでクセ悪台はとことん吸い込みそうですが、
玉同士がぶつかりあうことでイレギュラーもあるかもしれません。

以下でスペックなどを見ていきます。 「CR RAIZINMAN(ライジンマン) ボーダーは役モノ次第の一発台」の続きを読む…

CRミリオンゴッド ディセント 潜伏ループ無しもヤメ時には注意

CRミリオンゴッドディセント スペック

メーシーから5/7~導入のパチンコ新台
CRミリオンゴッド ディセントスペック、ボーダー、潜伏確変、モード、セグ情報
などについて随時更新していきます。

スロットではお馴染みのゴッドシリーズですが、
パチンコでは2010年のミリオンゴッドプレミアム、
2015年のミリオンゴッドライジングに継ぐ3代目の正統後継機となります。

過去のパチンコゴッドシリーズはどちらも潜伏確変があり、
今回もやはり1/82という重い確率での潜伏を搭載していますが、
潜伏中に当たれば確変なら必ず次回まで電サポが付くのでループはしない、
という点で潜伏時の期待値が高くなってます。

スペックは一撃性を兼ね備えた安定スペックで、
電サポ中に当たれば通常でも必ず16Rもらえる点でカイジ沼3(ミドル)と似ています。
初回16R確変なら最低16R×2回の約4400発以上が確定するのは良いですね!

ただ、今回は確変ループ機ということでセグ判別が必要ですが、
判別していない場合、今のところ確変示唆演出が不明で、
回転数での潜伏期待度でヤメ時を判断するぐらいですね。

以下でスペックなどを見ていきます。 「CRミリオンゴッド ディセント 潜伏ループ無しもヤメ時には注意」の続きを読む…