勝ち続ける方法論

パチンコスロットで継続的に勝つにはどうすればよいのか?
という問いに対する直接的な答えは、

「期待値を積み続けること」 が正解でしょう。

では、期待値はどうやって積み続ければいいのか?

この問いに対しては私はおおまかにいって4通りのやり方があると思います。

			
スポンサードリンク

 

それはパチンコかスロットの2通りと、
正攻法かハイエナかの2通りの計2×2=4通りです。

それぞれの特徴は・・・

 

パチンコ正攻法(良釘狙い)・・・まず優良店やイベントなどで
回る台を見つけないといけない。
釘読み、止め打ちや捻り打ちなどの技術介入
期待値計算などが慣れるまで難しい。
一日中粘ることが多いため投資がかさみやすく
短期間の収支がかなりぶれやすい。
ただしモノにできれば時代にかかわらず勝ち続けることができる

パチンコハイエナ(潜伏狙い)・・・優良店ボッタ店関係なく、
ハイエナ機種に稼動があれば可能。
少しの知識があれば誰でもハイエナできる。
すぐに当たり、即止めするので勝率はかなり高く、収支は安定する。
ただ、1台あたりの期待値が高いためライバルと揉めやすく
一般客や店に悪印象をもたれ、最悪出入り禁止になることもある。
また、潜伏しやすい機種は短命であることが多く、
モード抜けしない台の増加やV-ST方式の流行による潜伏台の減少など、
時代の影響をモロにうける。

スロット正攻法(高設定狙い)・・・まず高設定を定期的に入れてくれる店
を見つけ、ある程度店のクセをつかまないといけない。
設定はパチンコの釘とは違い当然見えないので、
設定判別に余分な投資がかさみやすく、短期間の収支もぶれやすい。
しかし高設定をつかめばかなりの期待値があり、
ゲーム性も多様で面白さもある。
しかし設定1でも万枚が珍しくなくなった現在では
高設定が使われることがまれであり、
遊戯人口の減少もあり設定状況が良くなることも考えづらいため、
この方法で勝ち続けることは相当難しい

スロットハイエナ(リセット、ゾーン、天井狙い)・・・
優良店ボッタ店関係なく、ハイエナ機種があれば可能。
ほぼすべての台になんらかの狙い目G数があり、
解析も後から小出しにするため、ハイエナ間によっても情報の差が生じやすい。
1日に何台もこなすことが多いため、1台あたりの期待値、勝率は低くても、
週単位、月単位では安定しやすい
ハイエナの軍団が多いため、それらの店で新たにハイエナするのは
揉めるリスクが高く、困難なことが多い。
またAT,ART機規制など、時代の影響を受けやすい。

 

・・・とまあ、あくまで個人的な見解ですが大体こんな感じだと思います(?_?)

まとめてみると

習得までの簡単さ②>④>①>③

短期収支の安定感②>④>③>①

時代への適合性①>④>②>③

といった感じになるのではないかと思います…φ(._.)

 

ここまで比較しておいて何を言いたいかというと、

勝ち方、つまり期待値を積み続ける方法は4通りである( `・ω・´ )

ということではなく、

1つの方法だけ使っていれば今は勝てても

将来状況が悪くなればすぐ勝てなくなるので、

時代環境に応じてこれら4通りの方法を使い分けたり、

組み合わせることをしていかないといけない

ということです。

スポンサードリンク

ブログランキング参加中!

応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 パチンコブログへ

コメントを残す