打つべきか迷った時にする考え方

どうも、yossyです。

今回はパチンコスロットをはじめ様々な場面で大切な

マインド、思考法について書いていきたいと思います。

この考え方は最近読んだ本などから参考にしています。

テーマは『選択に失敗はない』です。

マインド

			
スポンサードリンク

なぜ打つべきかどうか迷ってしまうのか?

 

よくスロットなどで打つ台を探していると

この台を打つべきか打たないべきか迷う場面がありますよね。

データカウンターの前で立ち止まってポチポチしながら

悩んでるスロッターはどこのホールにでもいます。

もっと酷くなると悩んでいる台を適当な要らない物で長時間確保して

他の台を探しにいって、結局その台を打つことはなく、

そのまま店員が撤去するまで置いたままにしたりします。

もしくは自分が打って育てたハマリ台を誰にも打たせたくないためにそうする人もいます。

 

特にスロット天井狙いではそういうことが起きやすく、

「天井まであと最大2万かかるけど期待値はそこそこある。

しかしこのぐらいの台なら探せばもっといい台があるかもしれない。

でも打たずに他の奴に打たれて出されたら気分が悪い。

かといって自分は今日すでに3万も負けている。

それにこの機種は過去に噴いたためしがない苦手機種だ・・・」

という風になかなか打ち出せないという気持ちもよくわかります。

 

しかし、ホールには他にもその台を打ちたい人は出てくるものだし、

自分勝手な理由で確保したままにされると迷惑なことこの上ないです。

それにそうやって悩む時間というのは無駄だしその人自身にも悪影響を及ぼします。

 

まず「他の奴に出されると気分が悪い」という思考パターンについて。

これは一刻も早くやめるべき考え方です。

他の人が出そうが出すまいが自分にどういう影響があるでしょうか?

もしそういった理由のみで打ち続けて仮に天井前単発でもすれば

打たなければ良かった、というようになるはずです。

 

人間の心理として他人の不幸は蜜の味、メシウマなどの言葉があるように

良い結果、ポジティブな情報よりも悪い結果、ネガティブな情報を受け入れやすい傾向があります。

ニュースなどを見ても大抵どちらかといえばネガティブな情報ばかり報道しています。

そのほうが視聴者は求めているのを知っているからですね。

しかしネガティブな情報からはネガティブな発想しか生み出さず、

その人の思考パターンはどんどん否定的、消極的な方向へと向かっていきます。

 

他の人がハマって単発になったり、もしくはすぐに当たって万枚出たとしても

基本的に自分の稼動には何の影響もないし、

むしろその人が出てくれたほうが喜ばしいと考えたほうが

自分にとっては結果的にはプラスになります。

その人が同じハイエナだとしたら上手く共存することも大事ですしね。

そういう部分も広い意味での期待値ですね。

 

また、「今日はいくら負けている」とか「この機種は苦手機種だ」

ということも過去にとらわれている考え方であって、

基本的には必要ないと考えた方がうまくいきます。

 

とはいえ、これは感情的になかなか無くせない部分なので

こういう時は発想を転換して、

「確かに今日は負けているけど、これがプラマイ0の状況ならどうだろうか、

多分いつも打っている台の期待値より高いから打つんじゃないか。

もし仮に天井前単発で2万負けても、長い天井狙い稼動において

これから1度もないといえるだろうか。

いや、何度もあるし、それ以上に出ることもあるから期待値があるんだ。」

とか、

「そもそもこの機種は苦手機種と思い込んでいるけど、

苦手と思えるほどたくさん稼動もできて、期待値も積めているじゃないか。

今までこの機種が出なかったからといってこれからも出ないわけではないし、

他の機種で出てくれているからいいじゃないか。」

また反対に、

「今の時間からこの機種のこのG数から打つのは

いくら期待値があるとはいっても時間効率が悪いし、

最悪の状況を考えるとやはり耐えられない。

それに閉店で取りこぼす可能性だってある。

これなら他の事したほうがいいな」

というように視野を広げたり冷静になってみることで

それほど長く悩むようなことではないことが分かってきます。

 

選択に失敗はない

 

話を今回のテーマである

『選択に失敗はないこと』について戻すと、

その時点で考えた上でその台を打つ、もしくは打たないという選択をしたなら

それがベストの選択肢であり、それ以上にいい選択肢はない、

と考えるべきです。

後から客観的に振り返って明らかに選択が間違っていたと思うなら

次に生かせばいいだけで、後悔する必要はありません。

 

過去の選択について悩む人は、

別の選択を今の選択よりも必ずいいものとして考えます。

反対に、

「今の選択をしていたからいい結果につながった。

別の選択をしていたらとんでもないことになっていた。」

という考え方は基本的にしないのです。

 

「あの台を打っていればれば自分もすぐに当たって

3万の負けを取り返していたかもしれない・・・」

とは考えても、

「あの台をスルーしたおかげで天井前単発で

5万の負けに膨らんでいたかもしれないので助かった」

とはなかなか考えないのです。

 

引きが弱く、何打っても出ない時は

おかしい、ありえないと思って

他の引きが良い人に嫉妬する

のに対し、

引きが良くて何打っても出ている時は

別に何ともおかしいとは思わない

というのも基本的に同じことです。

要するに『隣の芝は青い』ということわざの状態です。

 

パチンコスロットに限らず、

自らがその時に考えて下した選択はベストであり、選択に失敗などはない、

と考えた方が合理的だし、悩んでる時間をもっと他の時間に回すことができます。

 

そのためにも普段から主体的に選択をする練習、

例えば選択した理由をなるべく早く、また複数思い浮かべることなどによって

自分なりの選択基準を確立することが重要だと思います。

 

今回は久々に真面目な記事を書いてみました。

またこういう記事も必要なら書いていきたいと思います。

参考になった方はクリックお願いします↓↓↓

選択

 

スポンサードリンク

ブログランキング参加中!

応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 パチンコブログへ

コメントを残す