サラリーマン金太郎 実質状態移行率・初当たり確率

サラ金

スロットサラリーマン金太郎の高確移行率・初当たり確率についてです。

サラ金のリセット時の初当たり確率は1/215.5と解析が出ましたが、
通常時と高確移行率などにどのぐらい差があるのか、
わかりやすくまとめてみました。

では、ご覧ください。

			
スポンサードリンク

 サラリーマン金太郎 実質状態移行率まとめ

通常時実質状態移行率・初当たり確率(設定1)

 金太郎 通常時 状態移行率

引用元 : パチスロ期待値見える化さん

 

設定変更時実質状態移行率・初当たり確率(全設定共通)

▼滞在状態 通常Aへ   通常Bへ   高確Aへ   高確Bへ   BIG・AT 
通常A 1/56.0  1/273.7  1/273.7  1/1057.9 
通常B 1/40  1/101.6  1/101.6  1/1057.9 
高確A 1/41.1  1/123.3  1/60.4
高確B 1/92.3  1/276.9  1/60.4

※独自計算
※実質高確移行率
通常A⇒1/136.8 通常B⇒1/50.8
※実質高確転落率 
高確A⇒1/30.8 高確B⇒1/69.2

設定変更時の状態移行率

通常A 通常B  高確A 
40%  50%  10% 

 

 設定変更時は高確Bへの移行率がダントツ!

リセット時は通常時に比べ

通常Aからは約20倍
通常Bからは約38倍

高確Bに移行しやすいことが分かりました。

高確Bは高確Aよりも2倍以上転落率が低いため、
転落前に初当たりにつながる確率

高確Aでは約34%
高確Bでは約53%

となっているのでかなりアツいです^^
ただ連続演出中や前兆ステージ中は高確転落はなく、
初当たり抽選は行っているので実際はもっと高いです。

また、通常ABからの初当たり確率も、
リセット時は通常時の2倍以上となっています。

設定変更時は通常B比率も高い

リセット時は通常B比率も50%もあるため、
高確でなくても0G~から十分打てる理由となってます^^

できれば通常Aを避けて通常Bから打ちたいところですが、
今のところ演出上判別できるか不明です。
まあ通常Aでもリセットなら問題なさそうですけどね。

高確はわかりやすいし初当たりが約1/60なんで、
まず高確の台を打ち、転落すれば通常Aの割合が高いので
通常Bの割合の高い0Gの台を打った方が効果的かもしれませんね。

スポンサードリンク

ブログランキング参加中!

応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 パチンコブログへ

コメントを残す