アラジンA2 ヤメ時は高確示唆演出の出現率に注目!

アラジンA2 ヤメ時

アラジンA2の高確示唆演出によるヤメ時判断についてです。

AC高確を完璧に見抜くのは難しいですが、
特定演出の発生率に注目することで、
ヤメ時の判断に役立てることができますね^^

では、ご覧ください。

			
スポンサードリンク

アラジンA2 高確示唆演出

特定演出の発生率

状態別特定演出発生率   
演出パターン  通常時  AC高確中 
第2停止でラクダ通過  1/8.9  1/6.9 
第3停止でラクダ通過  1/115.5  1/20.6 
ラクダ+星or月10個  1/412.3  1/52.5 
ドット演出でラクダ引っ込む  1/208.3  1/132.9 
ドット演出でラクダ通過  1/24.4  1/11.7 
ドット演出でラクダ+星or月  1/64.5  1/29.2 
第3停止でドットアラジンナビ  1/1162.1  1/137.1 
合算  1/5.39  1/2.88 

通常時とAC高確時で差が大きいものを赤字にしています。
上記の演出出現率の合算に2倍近く差があり、
AC高確時は常にざわついている感じなので
結構わかりやすいかと思います。

AC高確滞在確定パターン

  • アラジン引っ張り失敗→リプレイor月揃い
  • ラクダ引っ込む→リプレイor月揃い
  • ラクダ通過→リプレイor月揃い
  • ラクダ+星通過→月揃い
  • ラクダ+月通過→リプレイ揃い

☆AC高確ミドル以上確定
リプレイor月揃い時に、リール枠内でS字フラッシュ発生
(ミドル以上時の4.6%で発生)

☆AC高確ロング以上確定
リプレイor月揃い時に、台全体を左右に走るフラッシュ発生
(ロング以上時の3.0%で発生)

AC高確確定パターンですが、
基本的にハズレの演出で小役が揃うか、
対応小役が矛盾すれば高確確定となります。

AC後のヤメ時判断・狙い目

まずAC終了後15G間は転落抽選を行わないのと、
AC終了後70G間高確で天井到達し、数GでAC当選するという
AC高確保障・天井が設けられています。

実践上は9以上が40G以内にAC当選が告知され、
平均約20GでAC当選が告知されているようです。

なので最低でも40Gは上記の演出出現率を見ながら回し、
明らかに高確転落している場合はそこでヤメでいいかと思います。
ただ、高確ミドル・ロング以上確定演出が出た場合は長めに回したほうが無難です。

また30G前後で止められている台があれば
演出出現率を判断しながら40~50G前後まで回したほうがいいです。
この時あくまでステージよりも演出に注目することが重要です。
オアシスステージや街ステージに落ちても高確の可能性はありますし。

あと早いG数でのAC連チャンが異常に続いている台は
高確ロング以上の可能性もあるので50G前後でヤメられていても
様子見で少し打ってもいいかもしれませんね(^.^)

スポンサードリンク

ブログランキング参加中!

応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 パチンコブログへ

コメントを残す