6月から実施されるパチンコの抜き打ち釘チェックとは・・・?

クソ釘

6月からパチンコ機への抜き打ち検査が行なわれるようです。

主にパチンコの過度な釘曲げ是正を目的として行なわれるようで、
これまでグレーゾーンだった釘調整に行政のメスが入ることになります。

ただ、どの程度までの調整ならOKなのか、という基準が不明確で、
抜き打ちの覆面調査ということもあって業界では波紋を呼んでいるようです。

具体的な経緯と内容は以下の通りです。

			
スポンサードリンク

6月から実施される遊戯機性能調査とは?

遊技産業健全化推進機構が6月1日から新たに「遊技機性能調査」を開始する。
 
調査は稼動中の遊技機に対して行われるもので、具体的には検査員が営業中に無通知で入店し、無作為に選んだ遊技機(パチンコ・パチスロ等)を一定時間試射。この試射を通して、一般入賞口に全く入らないケースなど釘曲げが疑われるものをはじめ、風適法令違反や不正な取り扱いをチェックする、という流れになりそうだ。
 
なお、遊技機性能調査が開始されても、半年程度は猶予期間として、原則、行政通報は行わない方針とされる。

引用元:遊戯通信web

この調査の主な目的は上で述べられている通り、
一般入賞口にパチンコ球が入賞しない状態の是正、にあるようです。

酷い釘調整

猪木の愛ポケットの酷い調整。
さすがにここまで露骨な調整はレアケースですねw

経緯としては、スタートチャッカーは開けていても他の入賞口には
全くといっていいほど入らない調整のホールが多いことから、
警察庁からのお叱りを受け、遊戯産業健全化機構というほとんどのホールが加盟する団体が
今回の調査に踏み切ったという流れですね。

半年の猶予が設けられているのは、すぐに行政通報すると
営業許可取り消し処分で潰れてしまうので、
この間にホールが自発的に是正するように仕向けるためです。

警察庁の一般入賞口の釘曲げに対する苦言も以下で述べられています。

パチンコ機の釘曲げや打ち替えについては、警察庁生活安全局保安課の小柳誠二課長が、今年1月の全日遊連理事会における行政講話で「風営適正化法の趣旨を没却する最も悪質な行為の一つであります」と厳しく糾弾していた。
 
その際、小柳課長は、ここ3年間のくぎに関する行政処分事案の中身について「遊技盤面下部の左右に存する一般入賞口付近のくぎを狭めているか、大当り抽選が作動する中央入賞口のくぎを調整しているものであり、大当り抽選の入賞に偏らせるなど、営業者の身勝手な都合により遊技性能を改造していることが疑われるものであります」と指摘するとともに、「(くぎ曲げ事案は)くぎの劣化によるメンテナンスといったものではなく、意図的に遊技性能を改造して、過度に偶然性に頼った遊技等を創出していることが窺われる事案であります」と言及。型式検定制度の根幹を揺るがす悪質な行為だ、などと強く非難している。

引用元:遊戯通信web

問題視しているのは型式試験(検定)時の釘とホールの実際の釘の違いで、
検定時は規定にクリアするため一般入賞口を極端に開け、
スタートチャッカーにはほとんど入らないような調整で申請するのに、
実際のホールではそれとは逆にスタートチャッカーしか入賞しないような調整なので
過度に射幸性の高いゲーム性に改造しているのでは?、ということです。

MAXタイプの規制がされるようにパチンコの射幸性の高さが問題視されてきていますが、
過度な釘曲げ是正もその一環の流れなんでしょうか。
一般入賞口の入賞が増えてもその分スタートチャッカーを閉められたら
意味がないと思うのですが・・・
そもそもスペックをマイルドにすれば射幸性は低くなりますし。

検定時の釘と実際の釘が違いすぎているのは悪質とありますが、
個人的には検定時の釘で営業するホールが皆無な時点で
実態を鑑みていない検定側の問題なような気がしますけどね。
スロット規制の時もそうでしたけど大規模な規制や検査というのは
パチンコスロットをほとんど打ったことの無い人が決めているんでしょうかね(^_^;)

ただ、この調査によって一般入賞口への入賞が増えることは見込めるでしょうが、
検定時の釘を極端に変えないとホールでは使い物にならないようにしている
メーカー側も一定の責任はあるのかもしれません。

スポンサードリンク

ブログランキング参加中!

応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 パチンコブログへ

2件のコメント

  • はじめまして

    10月4日、パチンコ台で、釘の間に玉が挟まったので店員を呼び出したのですが、対応として指とパチンコ玉で釘を拡げてましたので、県警に連絡すると違法では無いと言う返答が来ました。
    グレーゾーンのままだと思います。

    • yossy yossy

      やはり酷い釘調整の店は以前とあまり変わっていないようですね…。

      ただ、釘調整する人もかなり多くの台を見ているので
      稀にミスすることもあるのかなと思いますね。

      対応策として手で釘を曲げて広げることは、
      特に問題ないかと思いますが…。

コメントを残す