CRキカイダーS.I.C スペック・ボーダー・潜伏確変

CRキカイダー スペック・ボーダー・潜伏確変

西陣から6/22~導入予定のパチンコ新台、
CRキカイダーS.I.Cのスペック・ボーダー・潜伏確変情報です。

スペックはMAXタイプ、ライトミドルタイプの2種類あり、
いずれも確変率77%のバトルスペックとなっています。
潜伏確変も搭載していますが、振り分けは5%と少ないですね。

以下はスペック詳細です。

			
スポンサードリンク

CRキカイダーS.I.C スペック・ボーダー・止め打ち

基本情報

型式:CRキカイダーS.I.C Z / MA
導入日:2015年6月22日
導入台数:4000台予定
タイプ:マックス/ライトミドル
メーカー:西陣
備考:「威吹」枠

スペック

項目  Z(MAX) MA(ライトミドル) 
大当たり確率  1/394.8  1/199.8 
高確率  1/48.9  1/20.6 
確変率  77%  
ラウンド数  4R or 16R  
カウント数  10c  
賞球数  3&6&15  3&2&6&11 
電サポ回数  6,16,26回 or 次回  6,16回 or 次回 
16R出玉  約2240個 約1600個
4R出玉  約560個 約400個

ヘソ入賞ラウンド振り分け

ラウンド 電サポ Z MA
16R確変 次回 25% 30%
4R確変 次回 44% 39%
突然確変 次回 3% 
4R確変   26回 2% -
16回 2% 
6回 1% 3%
4R通常 6回 23% 

 電チュー入賞ラウンド振り分け

ラウンド 電サポ Z MA
16R確変 次回 62% 30%
4R確変 次回 12% 42%
突然確変 次回 3% 5%
突然通常   26回 1% -
16回 1% -
6回 21% 23%

ボーダーライン

交換率  MA 
2.5円  21回  22回 
3.0円  19回  20回 
3.3円  18.5回  19回 
3.5円  18回  18.5回 
等価  17回  17.5回 

※6時間実戦

電サポ中の止め打ち

セグ上部の3連ランプの点灯パターンによって打ち分ける

【右のみ点灯→5回開放】
①2回目が閉じたら打ち出し止め
②5回目が閉じたら打ち出し開始

【中右点灯→2回開放】
①1回目が開いた瞬間打ち出し止め
②2回目が閉じたら打ち出し開始

【中のみ点灯→ハズレ】

潜伏確変判別法・狙い目

ヘソ入賞4R大当たり後の電サポが16or26回で終了すれば潜伏確変が確定します。
MAXで4%、ライトミドルで2%と振り分けは少ないですが・・・。
電サポが6回以上続けば通常は否定と覚えておきましょう。
完全に判別するのは大当たり中のセグ判別ですね。
モードなどは判明次第追記します。

潜伏時の確率がMAXは1/48.9と重くハマりやすいので
もしかすると潜伏ハイエナできるかもしれません。
ライトミドルは1/20.6ですぐ当たりそうですね。

電チュー入賞後(バトル敗北後)の潜伏はないので即ヤメOKです。
MAXのみ電サポが6回以上続けば電サポ次回までの比率がアップするのでチャンスです。

朝一ランプ

調査中です。
西陣の花満開と台枠が同じなので場所も同じかもしれません。

キカイダーマン

 

パチンコのスペック演出信頼度止め打ちセグなどを調べるならココ!

スロパチで勝って楽しむために抑えておくべき5つの情報源とは?

スポンサードリンク

ブログランキング参加中!

応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 パチンコブログへ

1件のトラックバック

コメントを残す