パチンコ潜伏ハイエナで稼げる地域・店の特徴

パチンコ潜伏狙いがしやすい店・地域

今年もガンダムやパッションモンスター、ミリゴライジングと
潜伏ハイエナで稼げる機種が出てきました。
それにつれてこのブログもスロット稼動ブログから
潜伏ハイエナブログになりつつあります^^;

ただ、これまでは機種ばかりにフォーカスしてきましたが、
実際に潜伏狙いをする店の特徴などはあまり
見てこなかった面があるかと思います。

なので今回はパチンコ潜伏狙いで稼げる地域や店の特徴
をみていきたいと思います!

			
スポンサードリンク

潜伏狙いで稼げる地域・店の特徴

地域(都会or地方)

地方よりも都会、ホールの数も多ければ多いほど
また密集していればしているほど台数も稼働も多いので有利となります。

スロットではハイエナが多すぎたり設定も入らなかったりで
必ずしも都会が有利というわけではないですが、
パチンコ潜伏ハイエナにおいてはよほどのことが無い限り都会が有利です。

稼動がある限り朝一~閉店までいつ潜伏状態でやめられるかわからないので
すぐに店から店に移動できる都心は特に有利ですね。

田舎でもライバルがほぼゼロだと車移動で間に合ったりするかもしれませんが、
今の時代に都合よく潜伏台が空き台のままになっていることは望めないでしょう。

それにミリゴライジングのようにスペックを少しでも理解している人が近くにいれば
すぐに台を取られるような機種においては止める瞬間にその場にいる必要があります。

またスロットとは違いパチンコはスペックを理解していない客が圧倒的に多いし、
ハイエナの絶対数もスロットと比べれば少ないので多少ライバルがいてもなんとかなります。
これが地方なら1店にライバル1人いるだけでかなりきついし、
移動するにもバイクや車なのでいいタイミングを逃すことが多いです。

店の特徴(優良店orボッタ店)

優良店の方がいい・・・とは必ずしも言い切れません。

もちろんパチンコ潜伏狙いにおいても稼動があり、よく回る優良店の方が
稼げる期待値が高くなるので有利ですが、
大体そのような店には強いライバルが必ずといっていいほど何人かいます。

なのでその店で狙えるのはその人達がたまたま張り付いていない時や
もうすでに打っている最中ぐらいなので2番手以降になるし、
新しいハイエナもどんどん入ってきます。
その店で張り付くしても移動しにくくなるのでどちらにせよ効率が悪いです。

反対に稼動がついていなかったり、換金率が悪いボッタホールでも
新台はいつもそこそこの台数を導入する店は使えます。

稼動初期は新台ということで埋まりやすいし、
ボッタホールで、しかも潜伏台を打つ客というのは、
スペックをあまり考えないことが多く、勝とうという客が少ないので
潜伏状態でも止めたいと思えばすぐに止める傾向にあります。

また張り付きエナがいないのでセグ判別されて通常の台が放置、
ということも少ないので期待値もとりやすいです。
ただ、ハイエナが目立ちやすいという欠点はあります。

このように優良店とボッタ店どちらも一長一短あるので
できれば両方が徒歩圏内にある地域が望ましいでしょう。

客層

これについてはあまり多くは語りませんが、
一般的に若者よりは高齢者、男性よりは女性
の方が潜伏状態でもやめる傾向にあるようです。
なのでそのような客層が多い店はアツいですね。

ただ、ホールとしてもそういう客は一番大事にしたいので
あからさまに狙うのはNGです。

時間帯

そのホール次第にはなりますが、稼動が少しでもついていれば狙えます。
朝一座った客がすぐに当ててモード抜けてすぐに止めるという状況も十分あります。

基本的には昼~夕方、夜~閉店1時間前ぐらいまでが狙い目かと思います。
夜の6~8時は稼動が一番多くなりますが、
学生やサラリーマンなど若めの客が多くなるのでそこまでアツいわけではないです。
これも地域差がかなり出るところですね。

ライバル

もちろん少ないに越したことはないですが、
ライバルが多いということはそれだけおいしい地域ということなので
多すぎない程度にはいた方が稼ぎやすいとは思います。

元からいるよく知っているハイエナの方が
新しく入ってきたよくわからないハイエナよりも住み分けしやすいですし。
また普段はやっかいな張り付きタイプのハイエナの方も
新しいハイエナが住み着くのを防いでくれるという利点もあります。

位置取り

近くにソファや椅子がありそこに座りながら止めるのをチェックできるのがベストですが、
まずそういう環境はないかと思うので、なるべく目立たないように
残りの玉数や残高をさりげなくチェックして、
ちょうど止めそうな時に後ろを通ったり、近くで打つなどして
なるべく張り付かずにハイエナするぐらいですね。

小当たり

カウントしないホールで打つほうがいいです。
モードや常時判別などで判別できる機種なら、
小当たりをカウントした方がライバルが減っていいかもしれないですが、
基本的に小当たりをカウントしてしまうと2R潜伏確変と見分けられなくなるので
ハイエナできる機会が減ってしまうという欠点があります。

例えばミリゴライジングは小当たりカウントしても大当たりは出玉有りがほとんどだし、
潜伏中も神殿モードを出たり入ったりするのでわかりやすいですが、
それでも8%ある2R潜伏を見逃しやすいというリスクはあります。

確変持ち越し

確変持ち越しとは電サポ状態(時短含)で閉店を迎えた台を
翌日にそのままの状態で打てるサービスですが、
できる地域が限定されているものの、
潜伏ハイエナにとってはこれ以上ないメリットです。

持ち越しできない地域だと閉店2時間前でも取りこぼしのリスクがありますが、
持ち越しがあれば、閉店10分前から潜伏状態(もしくは可能性が高い台)を打ち始め、
閉店ギリギリで当たったとしても電サポが付けばOKなので、
翌日わざわざ早くから並んで消されているかもしれない朝一ランプを狙わなくてすみます。

朝一ランプ

朝一ランプをほぼ必ず消す店、たまに残す店、機種を選んで消す店、ほぼ残す店・・・
などいろいろな方針がありますが、
やはりほぼ残す店がベストなのは言うまでもないでしょう。

ただ、そういう店は朝一ランプ職人など専門の方がいたり、
ライバルが多かったりで入場の抽選や並びに勝たないと座れないので
なかなか厳しかったりします。

なのでたまに残す店や機種をえらんで残す店などから見ていくと
案外すぐに座れたりするのでいいかもしれません。

スポンサードリンク

ブログランキング参加中!

応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 パチンコブログへ

2件のコメント

  • 小当たりカウントホールについて質問です。
    例えば旬のミリゴライジング導入店が小当たりをカウントしないホールであれば他機種も基本的には小当たりはカウントしないホールなのでしょうか?

    • yossy yossy

      た さん

      基本的にはその認識でいいと思いますが、
      小当たりをカウントするかは店側の設定で台ごとに変えられるので
      ハイエナ対策で潜伏しやすい機種は小当たりカウントする店もあります。

      結局は機種、さらには台ごとに小当たりカウントの有無=単発出玉無し履歴の多さ
      から判断していくのが一番確実ですね。

コメントを残す