パチンコ潜伏確変関連の用語解説 小当たり・モード・セグなど

一見わかりやすいパチンコでも、
小当たり、モード、セグなどの潜伏関係となると
よくわからない、難しそう、面倒だ・・・
というイメージを持っている方も多いかと思います。

そこで、この記事では潜伏関係でよく使う用語の意味や解説
を具体的な事例を挙げながら見ていきたいと思います。

また随時、追加修正していく予定です。

※8/19追記
セグを追加

※8/30追記
常時判別を追加

では、ご覧ください。

			
スポンサードリンク

小当たり

小当りとは

小『当たり』という文字から大当たりの一種と勘違いしそうですが、
結論からいうとただのハズレです。フェイク(ガセ)とも言います。

ただのハズレですが、液晶上は○○モードのように
高確率で大当たりを抽選しているかのような(潜伏)
ステージに移行(モード移行)することがほとんどで、
出玉も電サポも付かない大当たりである2R(パカパカ)潜伏確変
と液晶上で区別することは難しくなっています。

大体がリーチハズレ後などに右打ち指示が出て、モード移行しますが、
アタッカーがパカパカするだけなので右打ちする必要は無いです。

小当りの役割

そもそも、なぜ小当たりが存在するのか、
その役割を見ていくと

  • 大当たり確率が重いMAXタイプなどでは演出から実際の確率より軽く思わせられる
  • モード移行で潜伏状態かもと思わせて、追加投資を促せられる
  • 小当たりをカウントするホールでは大当たり回数を水増しできる

という効果があります。

ただ、あくまでパチンコ初心者には効果的ですが、
仕組みを理解したパチンカーには意味が無く、評判は良くないものとなっていますね。

小当りの判別法

小当たりか(出玉無し)大当たりを判別する確実な方法としては、
モード移行がされてアタッカーがパカパカしている時に
ラウンドランプが点灯、もしくは大当たりのラウンドパターン表示で何かしらの大当たり確定
ラウンドランプ非点灯(セグランプのみ点灯)、もしくはどの大当たりのラウンドパターンでもない場合小当たり確定
ということになります。
何かしらの大当たりと書いたのは、モード移行から潜伏確変だけでなく、
電サポ付きの突然確変や出玉有りの大当たりもあるからです。

しかし上記の方法はその場で確認するしかないので、
基本的にはデータカウンターで小当たりを大当たりとしてカウントしないホールもしくは機種において大当たり回数が上がった場合は潜伏の可能性が高いと判断するぐらいです。
※2R通常大当たり搭載機種はセグ判別が必要

最近では少なくなっていますが、
小当たりを大当たりとしてカウントするホールもしくは機種もあるので、
その場合は後で判別することは難しくなります。

演出からの判別

大体の機種は2R潜伏確変で特殊モードを抜けない機種が多く、
モード抜けるまで打てば小当りだと判別することが出来ますが、
たまに潜伏状態でもモード抜ける機種が出るので、
こういった機種はハイエナされやすい機種になります。

小当たり搭載している機種はほぼヘソのみで、
MAXタイプでは小当たり確率が1/400前後の機種が多く、
2R潜伏確変は大当たり振り分けの10%前後(約1/4000)が多いので、
大体モード移行時は小当たり:2R潜伏が10:1程度であることが一般的ですね。

モード

モードと潜伏期待度

特殊モードは基本的に派手なほど潜伏期待度が高く、
レインボー系までいけば潜伏確定ですね。

ただ、かなり派手なモードでも潜伏確定ではなく、
地味なモードでも潜伏確定だったりするので、
そのあたりは実際に打つか雑誌やネットで調べるしかないですね。

地味なモードで潜伏確定な機種はモード中に止められることがあり、
モード抜けない仕様だったとしてもハイエナできることがあります。

モード抜けのしやすさ

以前の機種に比べると潜伏中でも特殊モードを抜けない機種が多いですが、
メーカーによってモード抜けのしやすさに差があります。

また同じメーカーでも時期によってモード抜けする機種を出してきたり、
全くモード抜けしない機種ばかりになったりするので、
一概には言えないですが、今のところは下記のようなイメージですね。

【モード抜けする機種が多め】
三共系(SANKYO・ビスティ・JB)、平和

【たまにモード抜けする機種がある】
三洋、ニューギン、藤商事、西陣、ユニバーサル(ミズホ・メーシー)

【ほぼモード抜けしない】
京楽、サミー、サンセイR&D、大一、高尾

また確変中の確率が重くなるほど、
基本的にモード抜けしやすい傾向にあります。

セグ

セグとは

セグメント(区画)の略で、盤面の隅のどこかにヘソセグと電チューセグがあり、
大体8つずつあるランプの点灯非点灯によって、
ハズレ、小当たり、確変大当たり、通常大当たり・・・
などを判別することができます。

デジパチ機においては液晶画面はあくまでサブ表示で、
内部的にはセグがメイン表示となっています。

どこを見ればいいか

これはメーカーや台枠によって異なりますが、
盤面の隅のランプ群をまず探し、
液晶の数字が変動している時に動いていて、
外れたときに止まって次回転にいくとまた動き出す・・・
というように液晶画面と連動しているのがセグです。

通常時に動いているならヘソセグで、
電サポ中に動いているなら電チューセグとなり、
これらのセグは大体隣接していて、同じ形ですね。

セグの形は7セグ、棒状、円形、半円形、ぶどう形、花びら形・・・
などメーカー及び機種によって様々となっています。

いつセグを見るか

小当たりや2R大当たりの場合は、
液晶で数字の変動が止まってモード移行し、
アタッカーがパカパカする時または直前ですね。

ただ、大体の機種はヘソで2R通常はないのでセグではなく
ラウンドランプが点くかどうかチェックするだけ
小当たりか潜伏かを見分けることができます。

図柄揃い(出玉有り)大当たりの場合は、
液晶で数字が揃ってアタッカーが開いている時ですね。

セグからどうやって通常or確変を見分けるか

新機種が出た当初はセグは判別されておらず、
次の大当たりが早かったセグを確変、
反対にハマったセグを通常、
というように個人が暫定的に判断しているのが普通です。

ネット上ではそのようにしてある程度集めたセグを
新台が出た早い段階からアップしているサイトがいくつかあり、
このサイトでも紹介したり、私もアップしたりしています。
検索エンジンで「機種名 セグ」などで検索すれば
すぐいくつか出てくると思います。

ただ、あくまでサンプルが少ないため、
たまに通常セグが確変セグ、または確変セグが通常セグ
と記載されていたりするので参考程度にして、
複数のセグサイトを見比べたり自分でも集めたりして
サンプルを増やして正確性を上げることが必要ですね。

メジャーな機種だとパチマガスマホ(携帯)サイトで
完全なセグ判別ツールがダウンロードできることがあります。

セグの法則性

セグを全て判別していなくても
ある法則性が存在することがあり、
その場合は全部を調べなくても判別することができます。

ただ、この法則は完全にセグが集まってからでないと
正しいかどうかわからず、例外があるかもしれないので
あまり考えなくてもいいとは思います。

セグに頼らない場合

セグが不正確、そもそもチェックしていない場合などは
どうやって通常or確変を判別すればいいのか?
についてですが、
確変(潜伏)期待度が十分少なくなるまで打つ
ぐらいしかないですね。

モード抜けない機種や常時判別などによって
潜伏確変を100%判別できる機種以外は、
元々の確変割合にもよりますが、
潜伏時の確率分母の2~4倍は回した方がいいですね。

通常時の確率が重く、潜伏時の確率が軽いほど、
ボーダーが低く、潜伏ループはしないほど、
また等価に近くなるほど、潜伏時の期待値は上がる傾向にあるので、
回転率にもよりますが潜伏期待度がほぼなくなるまで(10%以下)
打った方がいいということになります。

潜伏期待度についてはこちらの記事で説明しています。
⇒潜伏(確変)期待度の計算方法~パッションモンスターの例~

常時判別

常時判別とは、セグ判別が本来必要な確変ループ機において、
ある特定の演出が発生すれば潜伏確変が確定するもの
だと言えます。

潜伏が搭載された初期の頃は日中でも潜伏状態なら
今でいう朝一ランプのような常時判別ランプが点灯していた
時期があったそうですが、今の機種ではありません。

常時判別といえば個人的に印象深いのが
フルメタルパニックの1回転回せば変動終了後
30秒後ぐらいに潜伏確定ボイスが流れるやつですね。

最近の機種は常時判別といっても
ある程度回して潜伏が確定する、というレベルです。
例えば新アレジンの潜伏確定出目や花満開の赤ランプですね。

このような常時判別でも、あればかなり使えるので、
ほとんどの機種においては常時判別は存在しません。
あったとしても気づいていない可能性もありそうですけど、
無さすぎて、情報が出てもまずガセだと思っていいレベルですね^^;

潜伏確定モードがあって抜けない機種も一種の常時判別と言えそうですが、
あくまでハイエナできないと常時判別の意味がないですからね・・・

1年以上前に出た鉄拳や星矢なんかは潜伏していれば
モードを抜けたり入ったりを繰り返すので、
これは常時判別に近いですね。

要はセグ確認してなくても演出で結果的に潜伏が判別できること
だと言えると思います。

スポンサードリンク

ブログランキング参加中!

応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 パチンコブログへ

コメントを残す