CR RAIZINMAN(ライジンマン) ボーダーは役モノ次第の一発台

CR RIZINMAN

A-gonから5/7~導入のパチンコ新台
CR RAIZINMANスペック、ボーダーライン、ゲーム性、打ち方
などについてまとめました。

A-gonは去年GoGoピラミッドという一発台を出してますが、
それとは対照的に今回のライジンマンは3段クルーン役物に一気に玉を流し込み、
1玉でもVに入れば大当たりという画的にかなりインパクトのあるゲーム性です。

スペックは大当たり出玉が2000発タイプと1200発タイプの2種類ありますが、
実際に導入されるのはほぼ2000発タイプで、
突入率51%の雷神チャンスを引けば時短3回+保留2回の計5回
クルーンに約7個の玉を流し込むチャンスが得られるので、
役モノのクセ(ネカセ)次第では2000発が大連チャンするのも十分ありえそうですね…!

ただ当たり穴が全部奥なのでクセ悪台はとことん吸い込みそうですが、
玉同士がぶつかりあうことでイレギュラーもあるかもしれません。

以下でスペックなどを見ていきます。 「CR RAIZINMAN(ライジンマン) ボーダーは役モノ次第の一発台」の続きを読む…

CRミリオンゴッド ディセント 潜伏ループ無しもヤメ時には注意

CRミリオンゴッドディセント スペック

メーシーから5/7~導入のパチンコ新台
CRミリオンゴッド ディセントスペック、ボーダー、潜伏確変、モード、セグ情報
などについて随時更新していきます。

スロットではお馴染みのゴッドシリーズですが、
パチンコでは2010年のミリオンゴッドプレミアム、
2015年のミリオンゴッドライジングに継ぐ3代目の正統後継機となります。

過去のパチンコゴッドシリーズはどちらも潜伏確変があり、
今回もやはり1/82という重い確率での潜伏を搭載していますが、
潜伏中に当たれば確変なら必ず次回まで電サポが付くのでループはしない、
という点で潜伏時の期待値が高くなってます。

スペックは一撃性を兼ね備えた安定スペックで、
電サポ中に当たれば通常でも必ず16Rもらえる点でカイジ沼3(ミドル)と似ています。
初回16R確変なら最低16R×2回の約4400発以上が確定するのは良いですね!

ただ、今回は確変ループ機ということでセグ判別が必要ですが、
判別していない場合、今のところ確変示唆演出が不明で、
回転数での潜伏期待度でヤメ時を判断するぐらいですね。

以下でスペックなどを見ていきます。 「CRミリオンゴッド ディセント 潜伏ループ無しもヤメ時には注意」の続きを読む…